虫歯治療

〒141-0022 東京都品川区北品川5-6-1大崎ブライトタワー2F

03-3445-5566
診療時間
10:00 ~ 13:00 //
14:30 ~ 18:30 ///
  • ◆:14:30~18:00
  • ▲:9:30〜13:00 (毎月第一土曜のみ)
  • 休診日:日曜・祝日
メール相談 24時間 WEB予約
キービジュアル

「可能な限り痛みを抑える
「可能な限り削る量を抑える
「可能な限り歯の神経を守る

この3つが当院のコンセプト。

そして、もう1つ。

「可能な限り再発させない

あなたにとって「重要視」したいことはなんですか?

当院では「不快感を抑えた虫歯治療」、そして「治療後のフォロー」を充実させています。
このページをお読みの方は「すでに虫歯になっている方」が多いと思いますので、どのように「不快感」をなくしているのかをご紹介します。

  • 「痛みを抑えた」治療
    「痛みを抑えた」治療
    可能な限り痛みを抑えるため、表面麻酔等、いくつかのステップを踏んでいます。痛みの少ない治療には自信があります。

    詳しく見る

  • 「削りすぎない」治療
    「削りすぎない」治療
    歯は削れば削るほど寿命が縮まります。歯の寿命を延ばすため、可能な限り削る量を最小限に抑えます。

    詳しく見る

  • 「歯の神経を残す」治療
    「歯の神経を残す」治療
    通常、歯の神経を抜かなければならないケースであっても、極力歯の神経を残す方向で治療を進めていきます。

    詳しく見る

可能な限り「痛みを抑える」虫歯治療

昔と違い、「虫歯治療は痛みがつきもの」という時代ではなくなりました。
当院では痛みについて研究し、可能な限り痛みが出ない方法で治療をしています。

STEP1 表面麻酔

表面

歯肉を事前に麻酔することで、注射時の痛みを軽減させます。

STEP2 「極細の針」を使用

針

当院では現在発売されている中でも一番極細の針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

STEP3 電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

電動

麻酔液を注入すると細胞が膨張し、痛みの原因となることがあります。そのため、注入スピードを一定にコントロールできる電動麻酔注射を利用し、麻酔時の痛みを軽減させます。

可能な限り「削る量を抑えた」虫歯治療

診療2

削る量を抑えることの意味は「2つ」あります。

1つは「患者さんの不快感を抑える」。
削る音や振動は皆さん嫌なはずです。それを抑えるための様々な工夫をしています。

もう1つの意味は、「歯の寿命を延ばすこと」。
虫歯治療のたびに歯を削っていると、当然のことですが削る歯がなくなり抜歯となります。
そのため、可能な限り削る量を最小限にすることで歯の寿命を延ばすことができます。

具体的にご紹介します。

取り組み1虫歯感染部位を色で教えてくれる「う蝕検知液」の利用

う蝕

う蝕検知液とは、虫歯に感染した部位だけを赤く染める特殊な薬剤です。染まった部分だけを削り取ればいいので、健康な歯質まで削ることはなくなります。

取り組み2「高倍率ルーペ」で視野を拡大した状態での治療

ルーペ2

ルーペ1

例えば肉眼で針に糸を通す場合と、虫眼鏡を利用する場合と、どちらの方が成功率が高まりますか?虫眼鏡を利用した時ですね。

歯科治療も同じで、見える視野を拡大することでより繊細な治療が可能になります。
歯科治療では「高倍率ルーペ」というものを利用します。

これを利用することで、歯を削る量を最小限にします。

取り組み3低速回転のドリル

治療2

歯を削る装置には「高速回転」するものと「低速回転」するものがあります。高速回転の装置を利用すると、一気に歯が削れますので、治療時間は短縮でしますが、誤って健康な歯までも削ってしまう恐れがあります。

しかし、「低速回転」の装置は、一定の削る時間はかかりますが、その分、丁寧に削ることができるため、健康な歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

取り組み4ダイレクトボンディング法|1回~2回で治療が終了し、かつ、白い素材

CR

一般的に虫歯治療の際に利用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思いますが、当院では白い素材を利用したダイレクトボンディング法で対応しています。

専門的なお話になってしまうため、詳細は割愛しますが、端的にお伝えすると「銀歯」を利用する場合、歯を大きく削る必要があります
しかし、「ダイレクトボンディング法」では銀歯のような「固形物」ではなく、「ゲル状」の素材を利用しますので、歯を削る量を最小限に抑えることができるのです。

また、この治療法は下記のような特徴もありますので、患者さんに非常に喜ばれています。

  • 白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
  • 1回~2回の来院で治療が終了

可能な限り「歯の神経を守る」虫歯治療

診療3

ドクター

虫歯が深く、神経まで届いている場合、通常は「歯の神経を抜かなければなりません」と宣告されます。

そして、神経を抜いた歯は寿命が極端に短くなります……

つまり、近い将来「抜歯」の運命が待ち受けています

しかし近年、材料の進歩により、このようなケースでも歯の神経を残すことが可能になってきています

※すべてのケースで残せるわけではありません。

MTAセメント

MTA

歯の神経まで感染した虫歯でもMTAを虫歯に塗布することにより、虫歯になっている部分を無菌化し、神経を残したまま詰め物/被せ物を入れることが可能となり、さらに、歯本来の再生力を取り戻させ修復します

  • 治療前
  • 治療後

可能な限り「再発を防ぐ」処置

笑顔

せっかく治療したのに、虫歯が再発し再治療になってしまう方が多くいらっしゃいます。

なぜ、再発してしまうのでしょうか?
再発は仕方がないことなのでしょうか?

違います。

虫歯の再発を防ぐことはできます。再発してしまう方の多くが、ただその「知識」がないだけです。

お口の健康を維持したい方、是非、歯のメンテナンスを参照ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

03-3445-5566

〒141-0022東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー2F

  • メール相談
  • web予約

 ※お急ぎの方は「お電話」でご連絡ください。

このページの先頭に戻る